応援ナースならコチラを御覧ください!

 

応援ナースとは? 応援ナースの概要

 

応援ナースってご存知ですか。この応援ナースというのは、人出不足で困っている都市圏や離島の医療機関など、看護師を必要としている病院、施設に対して、サポートするものです。応援ナースには、次のような2つの種類があります。

 

  • 東京などの都市圏への応援ナース
  • 沖縄を含む離島の応援ナース

 

応援ナースという働き方も最近増えてきて、全国的に見ると何万人もの人がこういった応援ナースという働き方をしています。この応援ナースで頑張っていると、同じ価値観やスキルでずっと付き合っていける仲間に出会えることや、その仲間が全国のいたるところで応援ナースとして頑張っていて、親交を深められるのもいいと言われる方が多いです。

 

都市圏応援ナースなら、高収入で月収45〜50万円以上が確実ですし、離島・沖縄応援ナースなら、癒やされながら、働くことができます。この応援ナースのメリットですが、一概に言うと、ご覧のような5つのメリットがあります。

 

応援ナースの5つのメリット

 

  • 高収入
  • 家電付きアパート完備の快適な住居完備
  • 面接無し、書類審査のみ
  • 3〜6ヶ月短期間
  • 引越し代赴任費用支給

 

また、応援ナースの一般的な応募条件ですが、この応援ナースというのは、それなりの技量と経験を持っていないと応募できません。大体、次のような応募条件になっています。

 

応援ナースの一般的な応募条件

 

  • 原則3年以上の病院勤務経験者
  • 看護師として職業意識が高く協調性がある方
  • 業務に真摯に取組む責任感がある方
  • 当初の応援期間を遵守できる方

 

応援ナースを希望するならナースパワーがおすすめ

 

ここで、応援ナースを希望するなら「ナースパワー」がおすすめです。このナースパワーという応援ナースに特化した看護師紹介所は、看護師紹介30年の実績を誇り、現在、全国13か所で求人を紹介しています。このナースパワーでは、現在2,000名以上の応援ナースが赴任しています。このナースパワーへの実際の登録方法ですが、次の5つの登録方法があります。詳しくは、公式ホームページで確認することができます。

 

(ナースパワーへの実際の登録方法)

  • 一般募集の常勤・パートの登録をします。
  • 月収45万円以上確実「都市圏応援ナース」として登録します。
  • 6ヶ月短期「離島応援ナース」として登録します。
  • 6ヶ月短期「沖縄応援ナース」として登録します。
  • 「派遣ナース・長期アルバイト」として登録します。

 

↓その「ナースパワー」はコチラ!↓


 

それでは、ここから、「都市圏応援ナース」と「離島の応援ナース」のメリット、特徴、応募資格などについて、詳しく見てみることにします。まずは、都市圏応援ナースです。

 

都市圏応援ナースについて

 

「都市圏応援ナース」とは、主に都市圏の緊急度を要する病院に、ナースパワーで言うと、登録看護師が全国各地から集結し、「6ヶ月間」という期間を単位として看護力の安定をサポートするものです。

 

都市圏応援ナースのメリット

 

都市圏応援ナースのメリット

 

都市圏応援ナースの4つの特徴

 

  • 3〜6ヶ月の期限付きで応援勤務します。
  • 設備付きアパート完備で身軽に赴任できます。
  • 面接はありません。ナースパワーの推薦と書類審査が必要です。
  • 即戦力看護師のため極めて高収入求人です。
  • 看護師:給料 約45万〜50万円(夜勤手当込み)

    准看護師:給料 約37万〜40万円(夜勤手当込み)

 

都市圏応援ナースの具体的な勤務地

 

都市圏応援ナースの具体的な勤務地ですが、オペ室のスタッフとか、慢性期病棟、ICU採用などいろいろとあります。人によっては、「日本で半年応援ナースとして勤めて、その後、海外へ行き、お金がなくなったら、また、日本に戻り、お金を稼ぐというスタイルの人もいます。こういう人は、わずらわしい委員会やくだらない看護研究、リーダー業務などとは、一切無縁で気楽でいいそうです。また、最近では、北海道の札幌などの応援ナースの求人が増えてきています。

 

都市圏応援ナースの応募資格

 

こちらが、都市圏応援ナースの応募資格になります。

 

  • ナースパワーに登録している正看・准看資格者
  • 原則3年以上の病院勤務経験者
  • 多忙な病院に対応できる方
  • 看護師として職業意識が高く協調性がある方
  • 業務に真摯に取組む責任感がある方
  • 当初の応援期間を遵守できる方

 

なお、こちらをご覧いただくと、都市圏応援ナースがどんなものなのかがよくわかります。

 

 

次に、離島応援ナースについてです。

 

離島応援ナースについて

 

この「離島応援ナース」とは、離島の病院からの看護師求人募集要請により、その役割に応じた看護師をジャストタイミングで供給し、離島医療に寄与する事になります。

 

離島応援ナースのメリット

 

離島応援ナースのメリット

 

離島応援ナースの5つの特徴

 

  • 応援期間は最低3ヶ月〜6ヶ月です。
  • 赴任費用(旅費・引越し代)は病院より支給されます。
  • 諸設備付きアパート完備で身軽に赴任できます。
  • 面接はありません。ナースパワーの推薦と書類審査が必要です。
  • (5) 毎月応援手当が支給されます。
  • 看護師:給料 約30万〜40万円(夜勤手当込み)

    准看護師:給料 約25万〜35万円(夜勤手当込み)

 

離島応援ナースの応募資格

 

  • ナースパワーの登録者であること
  • 正看護師・准看護師の有資格者
  • 原則1年以上の病院勤務経験者
  • 看護師として職業意識が高く協調性がある方
  • 当初の応募期間を厳守できる方

 

離島応援ナースになるとつぎのようなことにチャレンジできる!

 

さらに、離島応援ナースになると、つぎのようなことにもチャレンジできます。

 

  • 普通自動車免許
  • 船舶免許
  • スキューバーダイビング
  • ジェットスキー
  • サーフィン
  • ゴルフ
  • フィッシング
  • 出会い
  • 島踊り
  • 三味線

 

離島応援ナースの勤務地

 

離島応援ナースの勤務地

離島応援ナースの勤務地

離島応援ナースの勤務地


 

離島応援ナースになった場合の勤務地ですが、奄美諸島、伊豆諸島、長崎離島などがあります。こちらは、その島々の特徴を記載したものであり、引用します。

 


沖永良部島は温暖な気候で年間平均気温は22℃程です。島全体をサンゴ礁が取り囲み白い砂浜や断崖が広がり、スキューバではサンゴ礁に戯れる魚達が見れます。島内には鍾乳洞や日本一のガジュマルの木など有名な観光スポットが点在します。

 

 

屋久島は「洋上アルプス」とも呼ばれる素晴らしい山岳景観を呈し、また、亜熱帯から冷温帯までの 様々な植生の垂直分布や樹齢数千年におよぶヤクスギなど特異な森林生態系を有しています。1993年12月、世界自然遺産として、世界遺産リストに登録さ れるほどの自然の宝庫です。

 

喜界島はオオゴマダラ蝶という羽を広げると15cmもある大型の美しい蝶で優雅に舞う姿から"南の島の貴婦人"とも呼ばれている蝶が優雅に飛び交う自然豊かな島です。また、島全体が隆起したサンゴ礁で出来ており、サンゴが作り出した石垣等も自然味溢れ魅力的です。

 

徳之島の魅力は、島中が熱気に包まれる闘牛大会と、トアイアスロンやダイビングなどのスポーツ、最近では金メダリストが練習した『尚子ロード』が全国的に有名です。また長寿の島としても有名ですが、遺産や島歌など文化的にも非常に面白い島です。

 

与論島は東洋の真珠と呼ばれ、島全体がリゾート一色に染まったまさに『楽園』と呼ぶにふさわしい島 です。有名なのは島の東、大金久海岸の1.5キロ沖合いにある百合ヶ浜は大潮や中潮の干潮時に数時間だけ姿を現す幻の砂浜です。その浜には星のカタチをし た綺麗な星砂があります。

 

伊豆大島は伊豆諸島で最大の島で、本土とのアクセスが一番良い島です。竹芝桟橋高速船で1時間45分、羽田空港や調布飛行場から航空機でもアクセスできます。人口は8200人余りになります。年間平均気温は15.8度と温暖で過ごしやすい気候です。

 

 

三宅島は面積55.5km2、人口は320人弱になります。釣り、バードウォッチング、スキューバダイビング等が有名です。

 

神津島は東京都心から南西に178km。面積は18.48km2、人口は1,900人弱で神津島を中心に銭洲、恩馳島、祗苗島などの島々が近くにあります。釣りやダイビングで人気のスポットです。

 

青ヶ島村は全国の自治体で最も人口が少なく、200人弱となっています。半数は島外からの役場・学 校職員や建設会社職員とその家族のため、平均年齢が低く30代後半となっています。本土からは八丈島経由でのアクセスですが、最短で羽田空港から2時間で 到着することができます。

 

 

五島列島は、長崎港の西100kmに位置し、大小あわせて140あまりの島々から成る列島です。人口は約7万人で、最大の島は「福江島」になります。

 

 

福江島ですが、五島列島の島々の中でも一番大きいのが福江島です。人口は約4万人になります。アクセスは長崎港からジェットフォイルで85分です。また空港もあり、福岡空港や長崎空港から40分位になります。博多港からもフェリーが出ています。

 

対馬は九州の北方、朝鮮半島との間にある国境の島です。古くから大陸との交流の窓口となって来ました。行政区は長崎県ですが、アクセスは福岡の博多港(ジェットフォイルで2時間15分)、福岡空港(飛行機で25分)のほうが便利です。

 

壱岐は人口28,000人の島で、周辺20あまりの島々からなります。漁業が盛んで、釣りや地引網、磯遊びが人気です。アクセスは博多港と佐賀県の唐津東港との間でフェリーが就航している他、空港もあり長崎空港との航路が設定されています。

 

なお、こちらをご覧いただくと、離島応援ナースがどんなものなのかがよくわかります。

 

 

「都市圏応援ナース」、「離島・沖縄応援ナース」の申し込みなら「ナースパワー」

 

先に、ご紹介しましたが、、この「都市圏応援ナース」、「離島・沖縄応援ナース」への申し込みをするなら、「ナースパワー」という、応援ナースを会社として専門的に全国の病院と提携しながら、制度として取り組んでいる会社がおすすめです。この「ナースパワー」ですが、最近は、テレビのCMでも宣伝しているので、知っている方もいらっしゃると思います。この「ナースパワー」では、30年をかけて、北海道から沖縄まで契約している取引先と信頼関係を構築し、応援ナースのネットワークを保有しています。

 

(※)参考までに、こちらがテレビで放映しているCMの一部の画像になります。

 

ナースパワーのCM

 

「都市圏応援ナース」として、契約している病院や施設は、全国で150件もあり、高賃金を契約条件として、看護師の方に安定した求人を提供しています。一方、「離島・沖縄応援ナース」では、伊豆諸島(大島、利島・新島など)、小笠原諸島(父島、母島など)、、奄美諸島(屋久島・喜界島・徳之島・与論島・ 沖永良部島など)や沖縄、沖縄諸島などの様々なところの病院、施設と契約しています。

 

そして、「ナースパワー」のメリットですが、これらの病院、施設への応募に際しては、面接なしで申し込みすることができます。(ネースパワーの推薦と書類審査のみ) また、北海道から沖縄まで38,000件の求人数を扱っており、応援ナースには、全国で約2,000名の看護師の方が参加されているそうです。

 

↓その「ナースパワー」はコチラ!↓

 

 

なお、こちらは、「ナースパワー」を利用された方の声です。

 

ナースパワーを利用された方の声

 

ナースパワーを利用した方の声-1

 

ナースパワーを利用した方の声-2

 

まとめると、応援ナースを希望されているなら、絶対に「ナースパワー」がおすすめです。なお、参考までに、おすすめの看護師求人・転職サイトをナースパワーと合わせて載せておきますね。

 

↓その「ナースパワー」はコチラ!↓

 

 

ナースパワー



  • 看護師専門の職業紹介所として全国初の労働大臣許可事業所となり最も歴史のある25周年を迎える
  • 現在では業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用する信頼と実績のある看護師紹介・派遣会社
  • 月収45万円が確実の『都市圏応援ナース』 『北海道応援ナース』沖縄や離島で癒されながら働く『沖縄・離島応援ナース』といった『応援ナース』という制度がある

詳細はコチラをクリック

 

MCナースネット



  • 全国13拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応
  • 求人数も90000件以上、会員数は40000人を超え、増加中
  • 看護師さんに特に人気のある健診などの派遣案件などを取り扱っている

詳細はコチラをクリック

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク

  • 公開情報数200,000件以上
  • 運営会社:株式会社エス・エム・エス

詳細はコチラをクリック

 

ナースではたらこ

キャンペーンバナー

  • 非公開求人が多数
  • 友達にすすめたい1位、アフターフォロー1位

詳細はコチラをクリック

 

実際に応援ナースとして働いたことのある方、現在働いている方の意見、感想、コメント

 

  • なお、こちらに参考までに、実際に応援ナースとして働いたことのある方、現在働いている方の意見、感想、コメントをご紹介します。
  •  

  • 友人が結婚前に離島ナースしてました。家族ができると無理かもしれません。
  •  

  • 友達が沖縄に応援ナースやっていました。給料は月40万くらいもらっていたそうです。
  •  

  • 本来の意味での応援ナースとは言えないのかもしれないんですが、常勤で働いていながら休みの日に、他の病院の夜勤が足りない時に応援に行っている同僚がいました。林間学校や運動会の応援にも行ってるそうです。
  •  

  • 職場に応援ナースで半年契約で来ていた人がいました。北海道や関西などに半年ごと行くのだそうです。どこに行っても馴染めなく人間関係うまくいかないといつも言っていました。
  •  

  • 応援ナースで働いていますけど、病院さえ選べば、楽です。経験も3年ないとダメってHPに書いてあったりしますけど、私は経験2年と少しくらいでも、大丈夫だと言われました。4週8休とかそれ以上休んだら欠勤扱いになったり色々条件はありますが、
  • 前の病院より規模が小さいので楽です。前の病院とのギャップとか、慣れるまでは、大変でしたけど…
  •  

  • 応援ナースやってました。3ヶ月、基本給40万円+諸手当です。オペ室5年、ICU1年半の経歴で、ICU採用でした。
  •  

  • 海外と日本を往復する生活スタイルのため、もう常勤では働けません。「日本に出稼ぎしに帰る」という感じです。当然求められる業務量は多いですが、わずらわしい委員会やくだらない看護研究、リーダー業務とは一切無縁で気楽でオススメです。
  •  

  • 応援ナースは私も半年しましたが確かに給料いいです、ただ辞めずらさがあるのと、主に急性期の部署勤務なので凄く忙しかったです、基本的にオリエンテーションはかなり省かれ、直ぐに即戦力となれないといけません、私の場合半日オリエンテーションあってすぐに重症患者様の受け持ちでした。なかなか人が続かない部署や忙しい部署に配属になるので人間関係は良くないと覚悟してたほうがいいです、お金と割りきれる方にはいいと思います。

 

キーワード、タグ

  • キーワード:応援 ナース
  • タグ:応援 ナース