応援ナースについて

留学のための応援ナース

更新日:

留学のための応援ナース

 

看護師がもしも、海外留学をするとすると、海外留学には、資金がいるため、効率のよい看護師求人、転職の仕事探しが重要となってきますが、短期間で高収入を得るためには、応援ナースというものがぴったりです。では、この応援ナースというものがどういうものなのかをご紹介します。

 

応援ナースとはどんなもの?

応援ナースとは、応援看護師とも呼ばれ、看護師さんが不足している病院などに、応援で勤務していただく制度になります。

その特徴は、一言で言うと、短期間で高収入であり、月収40万円~50万円以上の高収入、、3~6ヶ月の期間限定勤務、希望すると延長も可能といったものです。応援ナースの期間中は応援の手当が支給されますので、通常より給与が高額になります。また、応援期間終了後は「期間の延長」、「契約終了」、「その病院で常勤になる」、「他の病院への応援勤務」など自由に選べます。

また、応援ナースという働き方も最近増えてきて、全国的に見ると何万人もの人がこういった応援ナースという働き方をしています。この応援ナースで頑張っていると、同じ価値観やスキルでずっと付き合っていける仲間に出会えることや、その仲間が全国のいたるところで応援ナースとして頑張っていて、そういった人たちと親交を深められるのもいいと言われる方が多いです。

 

応援ナースの種類

応援ナースには、都市圏応援ナース、沖縄・北海道・離島応援ナース、留学のための応援ナースといったものがあります。特に、都市圏応援ナースは、6大都市である札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡といった都市圏へ、沖縄応援ナース、離島応援ナースは、沖縄や離島の医療機関に対して、人出不足で困っており、看護師を必要としている病院、施設に対して、サポートするものです。とりわけ、都市圏応援ナースなら、高収入で月収45~50万円以上が確実です。また、沖縄・北海道・離島離島応援ナースなら、スキューバダイビング、スノーボードなど趣味のため、田舎でのんびりし、癒やされながら、働くことができますので、リゾートナースと呼ばれてもいます。そして、この応援ナースのメリットですが、一概に言うと、ご覧のような5つのメリットがあります。

 

応援ナースの5つのメリット

では、この応援ナースのメリットをまとめてみると、以下のような特徴を含めたメリットがあります。

  • 高収入
  • 家電付きアパート完備の快適な住居完備
  • 面接無し、書類審査のみ
  • 3~6ヶ月短期間
  • 引越し代赴任費用支給

さらに、応援ナースの一般的な応募条件ですが、この応援ナースというのは、それなりの技量と経験を持っていないと応募できません。大体、次のような応募条件になっています。

応援ナースの一般的な応募条件

  • ナースパワーに登録している正看・准看資格者
  • 多忙な病院に対応できる方
  • 看護師として職業意識が高く協調性がある方
  • 業務に真摯に取組む責任感がある方
  • 応援期間を遵守できる方

 

留学のための応援ナースを希望するなら「ナースパワー」がおすすめ

ここで、留学のための応援ナースを希望するなら「ナースパワー」がおすすめです。このナースパワーは、看護師専門の職業紹介所として全国初の労働大臣許可事業所となり最も歴史のある25周年を迎えた看護師求人、転職サイト・サービスになります。そして、業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用する信頼と実績を有し、他社には無い独自の勤務形態である「応援ナース」という制度を他社に先駆けて開発し、毎年2,000名以上の看護師がこの制度に参加しています。

このナースパワーのようにこういった応援ナースに特化して紹介してくれる看護師求人サービスというのは他にありません。

その他にも、ナースパワーでは、以下のような、海外留学に関するいろいろな情報を提供してくれるので、登録(無料)して直接聞いてみると、効果的、効率的に、短期間で情報を収集することができますよ。

  • 看護留学の資金:最も短期に貯蓄が可能
  • 留学申請手続き:ビザ申請や費用など
  • 看護師短期留学:いろいろなコース
  • 留学に必要な英語力:あなたの英語力は大丈夫?
  • 国際看護師の資格取得:海外で看護師として働くには?

↓そのナースパワーの公式サイトはコチラ!↓

そのナースパワーの公式サイトはコチラ!

 

留学のための応援ナースの現状

それから、留学のための応援ナースの現状についてですが、最近は、海外留学をされる看護師さんが増えています。その理由は、「語学を勉強したい」とか「海外で看護師免許を取りたい」といった希望からです。また一度海外にいかれた方は、何ヵ月後かに再度出国される方も多いです。そのため帰国すると働いてお金を貯めことが必要になります。

でも、ナースパワーを利用すれば、帰国後の仕事探しに苦労しないので便利です。留学と留学のつなぎの間に短期間でお金を貯めることが可能だからです。一般的に、再度海外に行く予定の方は、働ける期間が限れているので、病院などの求人先がすぐに退職することが分かっているとすると、指導だけして、居なくなってしまうという、指導が無駄となり、くたびれ損になるからなどの理由で了解しないのですが、このナースパワーを利用することで了解してくれる職場を探すことが可能になります。

↓そのナースパワーの公式サイトはコチラ!↓

そのナースパワーの公式サイトはコチラ!

 

海外留学した人の体験談、感想、意見

参考までに、海外留学した人の体験談、感想、意見をご紹介します。最も多い留学先は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドだそうです。

オーストラリア

  • オーストラリアの東に位置するゴールドコーストに、全く喋れない状態でオーストラリア行きました
  • 匿名さん 22歳 広島県 もともと英会話を高校時代から習っていて自分の実力がどれくらいなのか知りたいとは準看護学生の頃から思っていました。准看護師の資格を取った時に、失敗を恐れないで海外留学しようと思いました。
  • オーストラリアの医療施設を訪問できるのと医療英語が学べるプログラムがある語学学校を見つけたのがきっかけでした。
  • 海外の町並みやパン屋さんや花屋さん、マーケットに行くような生活がしてみたかったのがきっかけでした。最高の2年間でした。

アメリカ

ロスアンゼルスで最先端の高度医療や看護を学ぶためでしたが、高度医療と貧富の差について考えさせられた留学でした。

韓国

韓国語を話せるようになるために、ぎりぎりの歳でワーキングホリデービザをとり今ソウルで留学中です。

カナダ

留学のきっかけは、海外旅行がもともと好きで、もっと私も世界を見てみたいと思ったからで、カナダに決めたのは、世界で1番住みやすいと思ったからでしたが、留学最高です。

ニュージーランド

留学のきっかけは、看護師になって3年後に自分の視野を広げるためにワーキングホリデービザでオーストラリアに1年滞在しました。その後再び看護師に戻りましたが、もっと英語を学びたかったので、今度はニュージーランドの老人ホームで働いています。

ドイツ

看護師になってから不眠で、日本では眠れない為、海外で短期旅行ではなく、気分転換も兼ねて語学留学を兼ね、4週間いました。

 

↓そのナースパワーの公式サイトはコチラ!↓

そのナースパワーの公式サイトはコチラ!

-応援ナースについて
-

Copyright© 応援、リゾート、留学を希望する看護師・ナースの求人、バイトならコチラ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.